関西のバーチャル

関西のバーチャルオフィスも最後になりました。そして、関西は、関東と競って独自に成長・発展してきています。そこで、関西が右ならば、関東は左という、日本の常識も地域によって異なることがあります。このことから、関西のバーチャルオフィスとは、その存在意義を説明します。

関西は、昔の都である京都、奈良もあります。そして、多くの血が流れ、悲しい戦いもありました。さらに、関西ではユーモアのセンスが高いと言われます。人々も、値切りの文化もあって、人情豊かです。このことから、ビジネスでもバーチャル、つまり関西では仮想的な世界が強い傾向があるのです。さらに、輪をかけたのが豊臣秀吉が打ち立て、商売を発展させた長い歴史があります。

今回はバーチャルオフィスでしたが、関西のバーチャルオフィスとは、起業する人たちを受け入れる土壌があります。そして、新しいビジネスを展開していきます。こんな、ビジネスの発想が、やがては新しい時代をつくり、最終的には、関西をそして日本全体を盛り上げるのです。関西に住んでいなくても、関西の住所を作成することにより、明るい雰囲気や気持ちを高めることが出来るビジネスがあるはずです。そこから、ビジネスは関東へ、そして日本全体に波及するのです。

値段が安いオフィス

バーチャルオフィスの良い点として、値段が安い点があげられます。実際に、事務所を構えると土地代、建築費、事務用品一式がかかります。そのことから、レンタルオフィスという利用もありますが、バーチャルオフィスが安い傾向にあります。また、保証金や敷金・礼金がかからないのも安い理由です。

そこで、住所と電話番号の登録のためにバーチャルオフィスを利用する方がいます。もちろん、実際の事務所として使用しませんので、自宅を事務所として経費節約することも出来る場合もあります。税理士と相談して進めてみることを、お薦めいたします。さらに、他の会社と同じ住所を使う場合も出てきます。今は、共有しているオフィスでは、1つの住所で複数の会社がある現状があります。このことから、同じ住所に複数の会社があると、信用を落とすこともあります。

バーチャルオフィスは、レンタルオフィスや共有するオフィスより安く事業を行う上で経費もかからず、良い点です。しかし、当然ながら制約される面があります。それは実際に、事務所として利用出来ないことです。電話や、郵便も受け付けてくれるサービスもあります。さらに、電話の本数や、郵便の到着した数により、バーチャルオフィスのサービスが変わるとこともあります。そこで、複数の会社を見てみることが必要です。

関西のオフィス

バーチャルオフィスの話しをしていきますが、今回の話題は関西です。関西といっても、実際には大阪府が中心です。他の県にもありますが、都市に数店というのが現状です。それから、関西は、大阪府やその他の県、さらに京都府もあります。そこで、関西のバーチャルオフィスでは、一に大阪府、二に京都府が人気があります。もちろん、その理由は、都市の住所をもつことにより、この会社は、このような所に事務所を構えるのであるから、一等地で信頼できるという話なのです。

もちろん、東京都と比較するとバーチャルオフィスは少ないですが、関西もそれぞれの地域で利用が見られます。さらに、京都府も古くからの歴史の舞台として有名なところがありますので、京都で事務所を構えたいという場合は、京都にバーチャルオフィスとして利用するのです。人それぞれのニーズなのです。

このことから、都市の歴史や魅力により、バーチャルオフィスとして事務所の住所を登録する方法もあります。起業を考えている皆さんは、関西の一等地に構えたい、歴史に残る地域にオフィスを構えたいならば、バーチャルオフィスをお薦めいたします。しかし、銀行口座の開設では、審査に通過しにくい現状もあります。銀行に一度、相談が必要です。

参照資料→→ワンストップビジネスセンター大阪