関西のバーチャル

関西のバーチャルオフィスも最後になりました。そして、関西は、関東と競って独自に成長・発展してきています。そこで、関西が右ならば、関東は左という、日本の常識も地域によって異なることがあります。このことから、関西のバーチャルオフィスとは、その存在意義を説明します。

関西は、昔の都である京都、奈良もあります。そして、多くの血が流れ、悲しい戦いもありました。さらに、関西ではユーモアのセンスが高いと言われます。人々も、値切りの文化もあって、人情豊かです。このことから、ビジネスでもバーチャル、つまり関西では仮想的な世界が強い傾向があるのです。さらに、輪をかけたのが豊臣秀吉が打ち立て、商売を発展させた長い歴史があります。

今回はバーチャルオフィスでしたが、関西のバーチャルオフィスとは、起業する人たちを受け入れる土壌があります。そして、新しいビジネスを展開していきます。こんな、ビジネスの発想が、やがては新しい時代をつくり、最終的には、関西をそして日本全体を盛り上げるのです。関西に住んでいなくても、関西の住所を作成することにより、明るい雰囲気や気持ちを高めることが出来るビジネスがあるはずです。そこから、ビジネスは関東へ、そして日本全体に波及するのです。